PCキッティングの仕事で役に立つショートカットキー

スポンサーリンク




PCキッティングの仕事ではショートカットキーを
使いこなすことが必須となる。仕事が早い人ほど、
マウスはほとんど使用しないのだ。

そこで、ここでは是非知っておいて欲しいショートカットキーを紹介する。

もちろん、キッティングだけでなく、普通のオフィスワークでも
十分使える技が多いので、ぜひ読んでいただきたい。

ショートカットキー一覧

ALTキー + アルファベット

これは最も重要なキーだと筆者は思っている。
()カッコ内にアルファベット1文字が入っている表示を
多々見かけると思うが、その時に利用できるキーだ。

アクティブになっているウインドウの()内のアルファベットを、
ALTキーを押しながら押下することで、その項目を選択する役割がある。

Win + D

これは、デスクトップをアクティブにするショートカットである。
このキーを押した後、矢印などのキーを押すことで、
デスクトップ上のファイルを素早く選択することができる。

任意のアルファベットキー

これはショートカットという感じではないが、必須である。
例えば、あるフォルダを開いたとき、その中に英語のファイル、あるいは
フォルダがズラリと並んでいるとする。

その状態で、例えば「M」キーを押したとすると、フォルダ内で
Mから始まるファイルやフォルダを選択状態にすることができる。

また、Mを数回押せばMで始まる対象を順に選択できる。

更には、M→C と連続で押下することで、mcで始まる対象を
選択することができる。マカフィーのフォルダを選択するときなど便利だ。

SET と押せば、setup.exe にもすぐにたどり着く。

尚、↑↓で対象を選択できるが、これは説明の必要はないだろう。

ALT + ←→

これは、簡単に言えば、進む、戻るボタンと同じ働きをする。
フォルダ操作だけでなく、ブラウザでも有効だ。
進むためには上で説明した任意のアルファベットキー + Enter を
利用すると思うが、戻る場合はALT + ← キーを利用することになるだろう。

スペースキー

あるフォルダを開いた時、一番上のファイルを選択したい時が
あるだろう。そんな時はスペースキーを利用しよう。
↓↑でも一番上のファイルを選択できるが、スペースの方が一手間少なくてすむ。

また、チェックボタンを入れる、外すなどのシチュエーションがあると思うが、
ALT + アルファベットでそれを行えない場合、チェックボタンを選択した
状態でスペースキーを押すことで変更することができる。

Shift + F10

これは知らない人が多いのではないだろうか?
役割は「右クリック」と同じである。

最近のPCでは「メニューキー」なるものがなくなっている。
これがキッティング時に非常に不便なのであるが、
このキーで対応できる。

win + D → マイコンピュータ → Shif + F10 → G
と押していけば、コンピュータの管理画面もすぐに開くことができる。

Win + E

これはエクスプローラーを開くキーである。
ドライブにアクセスする場合に便利だ。

Win + Eでエクスプローラーを開いた後、ドライブの
頭文字のアルファベット(CやDではなく、ドライブの名前)を
押せば、簡単にドライブの中に入ることができる。


スポンサーリンク



Win + R

これは「ファイル名を指定して実行」である。押してみればすぐにわかる。
コマンドを開く cmd を入れるときや、ネットワークサーバー(\\…)に
アクセスするときに便利である。

Alt + F4

これはアクティブになっているウインドウを閉じるときに使う。
基本的なショートカットだ。

ALT + TAB

こちらも基本的なものである。アクティブウインドウの切り替えに使う。

Shift + TAB

これはTABキーでの順送りを、逆に進めるためのものである。
ただ、割りとよく使う。

例えば、あるフォルダでバッチを叩いたとしよう。
そうすると「YES , NO」画面が出ると思う。それを実行した後、
フォルダでファイルを選択出来ない状況になっているだろう。
そんな時、このShift + TAB を2回押すことで、
ファイル選択部分がアクティブになることが多い。

余談だが、バッチは管理者で叩くことがほとんだと思う。そのときは、
Shift + F10 でメニューを開き、A キーで管理者実行となるだろう。

Ctrl + TAB

「タブ」を切り替える時に使う。
例えばタスクマネージャーを開いて、このキーを押してみよう。
タブが順送りになっていると思う。

ちなみに、タスクマネージャーはCtrl+Alt+Delより、
マウスをタスクトレイに持って行き、右クリック + K で開いたほうが
おそらく早い。このように、マウスを使った方が早いことがあるので
覚えておこう。

Shift + Ctrl + ←

これは何だ?と思われるかと思うが、文字選択時に使う。
例えばコンピュータ名を書き換える場面などの時、
aaa-12345 の後半の5文字だけ変更したいとする。
そんなとき、5文字目の後ろでこのキーを押してみよう。一度に
5文字選択状態になるはずである。

Shift キーを押しながら←→で文字を反転させられるのは
ご存知かと思うが、Ctrlを押しながら←→を押すと、あるまとまりで
カーソルが動く。この2つを応用した技だ。

Endキーなどと併用することで、書き換えたい部分を少ない手間で
選択することができる。

 
以上、ざっと思いつくショートカットキーを上げてみたので、
是非覚えて活用してほしい。

 

キッティングの仕事で大切なこと

それはズバリ、スピードと正確さである。

初心者はスピードを重要視してしまうが、スピードは
ショートカットキーを覚えることで自然と身につくものである。

闇雲に急いでセッティングを間違えてしまうのは完全にNGなのだ。

ショートカットキーを確実に押していくことで、早く、
正確な作業が可能となるので、是非覚えておこう。

 

出世しやすいPCキッティングの仕事

さて、いろいろなショートカットキーを並べてみたが、
筆者の経験ではキッティングの作業をほとんどマウスを使って
やっている作業員や社員が多いのも事実だ。

ショートカットキーを使い、誰よりも早く作業をこなすことで、
一目置かれる存在となる。PCキッティングの仕事を視野に入れている人は
是非トップに立てるように、この記事を参考にして欲しい。



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ