「天才育児」の記事一覧

妊娠をしたい人が避けるべき3つのNG習慣

妊婦と赤ちゃん

その1 乗りものの中でスマートフォンを見ること。 その2 1日中、座りっぱなしで全く運動をしないこと。 その3 身体を冷やすこと。 その1 乗りものの中でスマートフォンを見ること。 乗りもののなかでスマートフォンを見ると・・・

子供の癇癪の原因と、大人の精神を育む正しい対応の仕方

kanshaku

泣き叫ぶ子供の癇癪はとても苦労が伴うもので、親のストレスも大きいことかと思います。 でも、もし間違った対応をしたり放置すれば、今後もずっと悩まされ続けるだけでなく、幼稚な精神の子供になってしまいます。 正しい対応の仕方を・・・

天才脳育児!生後10~12ヶ月の赤ちゃん学習トレーニング7つ

tensainou

0歳赤ちゃんトレーニングの最終段階です。 10ヶ月~12ヶ月の間に赤ちゃんはぐっと人間らしくなっていきます。 ・自発的にハイハイをする ・二本足でたつ ・観察するようになる ・「おいしい」を覚えていく ・言葉を話し始める・・・

天才脳育児!生後6~9ヶ月の赤ちゃん学習トレーニング12こ

tensainou

生後6ヶ月~9ヶ月のおすわり期の訓練です。この頃の特徴は、 ・家族としての意識が芽生える ・指を一本ずつ動かす ・活動するために動き出す ・ストローで力加減や予測力が身につく ・毛布を気持ちいいと思う などの成長が見られ・・・

天才脳育児!生後4~5ヶ月の赤ちゃん学習トレーニング7つ

tensainou

赤ちゃんの首が座ってくる、4~5ヶ月くらいの学習トレーニングです。 実際は書いてある通りには進まないかもしれないけれど、毎日の積み重ねだと思ってがんばりましょう! 1.迷路反射で寝返りをうたせ、三半規管を刺激する 仰向け・・・

子供の喧嘩は必要。それに対し親はどう対応するべき?

kenka

子供は喧嘩をするものです。喧嘩をしないで育った子供は、 ・思い通りにいかないこともある ・相手も痛い ・引き際というものがある ということを学べません。 ですので、子供には喧嘩が必要なのですが、それに対し大人はどのように・・・

ケガの多い子供に不足の、「ころび方」の学習について

kega

ケガが多い子供は、「ころび方」を学べていない可能性があります。 ころび方の学習が足りないと、上手に転ぶことができず、大怪我をしてしまう危険があります。 もし大怪我をしたり、強い痛みを体に覚えてしまった場合、その怖さ故に用・・・

運動能力と集中力の元!「正しい姿勢」の子供にするには?

shisei

正しい姿勢を身につけることにより、運動能力と集中力を持った子供に育ちます。 姿勢が正しいということは、重心のバランスも良いということです。土台がしっかりしており、運動時のフォームも身につきやすくなります。 集中力に関して・・・

運動が苦手な子にしない為の注意点とは?

undou

運動が得意な子に育てるための答えは、 「歩き方」 にあります。逆に歩き方が悪いと、運動が苦手な子になってしまいます。 つかまり立ちからハイハイ、そして歩きはじめた子供は、あっという間に靴を履き、走るようになります。 ぎこ・・・

天才脳育児!生後2~3ヶ月の赤ちゃん学習トレーニング6つ

tensainou

さて、2~3ヶ月で寝返りをするようになります。 この頃から始められるトレーニングを6つです。 いっぱい赤ちゃんを学習させましょう! 1.「いない・いない・ばぁ」でワーキングメモリを鍛える 赤ちゃんは見えなくなったものは頭・・・

天才脳育児!生後0~1ヶ月の赤ちゃん学習トレーニング7つ

tensainou

先日、無事に男の子が生まれました。 0歳からの教育方法で、脳の発達が全然違うのだとか。 以前テレビで天才脳というのをやっていたので、その学習方法やトレーニング方法をまとめてみます。 まずは0~1ヶ月の赤ちゃんの学習トレー・・・

サブコンテンツ


このページの先頭へ