正しい糖尿病の治し方とは?間違いだらけの糖尿病治療

スポンサーリンク




第1章 血糖値が上がる本当の原因

(1)はじめにまず、お話しておきたいことがあります。

それは、血糖値が上がる本当の原因についてです。

今あなたは、

「血糖値がなかなか下がらない。」
「ヘモグロビン A1c の数値が改善しない。」

とお悩みだと思います。

でも、なぜ血糖値がなかなか下がらないのか?なぜヘモグロビン A1c の数値が改善しないのか?その本当の原因を正しく理解している方は非常に少ないと思います。

血糖値が上がる本当の原因が分かれば、本当に正しい治療を行っていくことが可能になります。

今、日本には 800 万人とも 1,000 万人とも言われる糖尿病患者さんがいらっしゃいますが、そのほとんどすべての方が、血糖値が6上がる本当の原因を知らないが為に、糖尿病で苦しんでいます。

ですので、はじめに、あなたに、血糖値が上がる本当の原因を正しくお伝えしたいと思います。

(2)血糖値とはまず、『血糖値』という言葉についてですが、血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことをいいます。

血液中のブドウ糖の濃度が高い状態を高血糖状態と言い、血液中のブドウ糖の濃度が低い状態を低血糖状態と言います。

健康な人の体では、インスリンをはじめとするさまざまなホルモンの働きによって、血糖値は常に正常範囲内にコントロールされています。

ところが、糖尿病になってしまうと、血糖値が高くなった時に、それを調整するインスリンのメカニズムが破綻してしいるので、血糖値を正常範囲内にコントロールすることができなくなってしまいます。

つまり、糖尿病になってしまうと、血糖値を下げることができなくなり、高血糖状態が続いてしまうという訳ですね。

そして、高血糖状態が続けば、その結果、体中の血管や神経がダメージを受けて合併症を併発してしまうのです。

血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです。

そして、ブドウ糖は体外から摂取する糖質からつくられます。

要するに、糖尿病患者さんの血糖値が上がる最大の要因は、体外から糖質を摂取しているからということになるのです。

もちろん、糖尿病ではない方も、糖質を摂取すれば血糖値は上昇します。

しかし、糖尿病ではない方の体では、血糖値を下げるインスリンなどのホルモンが正常に機能するので、血糖値は常に正常範囲内でコントロールされます。

あなたの体でも、糖尿病になってしまう以前は、インスリンなどのホルモンの機能で血糖値は常に正常範囲内にコントロールされていました。

しかし、その機能が破綻し糖尿病になってしまってからは、糖質を摂取すると血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、そのまま血糖値の上昇へと直結しているという訳なのです。

もう一度、繰り返しますが、血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです。

そして、血液中のブドウ糖は体外から摂取する糖質によって作られます。

つまり、血糖値が上昇する本当の原因は、“糖質の摂取”にあるのです。

まずは、この事実を正しく理解したうえで、次をお読みください。

第2章 現代の糖尿病治療 間違いその1

(1)2つの「常識」今、糖尿病になり病院へ行くと、次のように言われると思います。

担当医からは、「『カロリー制限をした食事』をしてください。」
栄養士からは、「『バランスの良い食事』をしてください。」

おそらくあなたも、病院でいずれか、もしくは両方を言われているのではないでしょうか。

現代の一般的な糖尿病治療では、“カロリー制限をすること”と“バランスの良い食事をすること”の2つが、「常識」 となっています。

ところが、その結果はどうでしょうか?10(2)根本的に間違っている理由あなたの血糖値は、思うように下がったでしょうか?あなたのヘモグロビン A1c の数値は、みるみる改善していったでしょうか?おそらく、どちらも「NO」だと思います。

それどころか、あなたの糖尿病は徐々に悪くなっているのではないでしょうか。

現に、日本の糖尿病患者の数は、年々増え続けていますし、合併症で苦しむ人の数も増えています。

もし、今の糖尿病治療が本当に正しければ、糖尿病で悩んでいる人はもっと少なくなっているはずです。

でも実際は、多くの糖尿病患者が、血糖値が下がらないことや、ヘモグロビン A1cの数値が改善しないことを悩み、さらには合併症を併発しないかという?安と恐怖にさいなまれています。

それもそのはずです。

なぜなら、現代の糖尿病治療が根本的に間違っているからです。

何が間違っているのかというと、先ほど既に申し上げた“血糖値が上がる本当の原因”が正しく理解されていないのです。

「糖質の摂取」こそが、血糖値を上昇させます。

それにもかかわらず、現代の糖尿病治療では、“カロリー制限”や“バランスの良い食事”に焦点が当っています。

これでは、血糖値が下がるはずがありません。

もし制限カロリー内で多量の糖質を摂取したら、血糖値はどうなるでしょうか?もしバランスの良い食事を心がけて糖質を摂取し続けたら、血糖値はどうなるでしょうか?血糖値が上がり続けるのは、容易に想像できると思います。

カロリー制限と血糖値には、何の関係もないのです。

従って、現代の糖尿病治療を続けている限り、血糖値が上がることはあっても、下がることはありません。

なぜ、このような結果になってしまっているでしょうか?その答えは、現代の糖尿病治療の間違いその2をご覧頂ければ分ります。

第3章:現代の糖尿病治療 間違いその2

(1) 患者様=お客様病院へ通いはじめたあなたは、いずれこう言われるでしょう。

「なかなか血糖値が下がらないですね。
ヘモグロビンA1cの数値も改善していません。
ちゃんと制限カロリーは守っていますか?(守っても血糖値には直接関係ない。)
そろそろ薬を飲み始めた方が良いですね。
まずは、軽いものから飲み始めてみましょう。」


スポンサーリンク



まずは、軽いものから…まずは、少量から…この言葉をきっかけに、あなたは糖尿病治療薬と呼ばれるものを飲むようになっていきます。

軽い薬を少量から始めたのがきっかけとなり、糖尿病治療薬の量はどんどん増えていきます。

そして、いずれインスリンの接種を迫られることになり、注射を打13たなければ生きていけない体になってしまうのです。

こうしてあなたは、病院の超優良顧客になり、製薬会社の良き顧客となっていくのです。

そう、薬漬けとなってしまったあなた。

きっとあなたは、病院にとっても製薬会社にとっても、さらにはそれに癒着しているであろう政治家にとっても、お金を払ってくれる大切なお客さんとして位置付けられるようになるのです。

(2) 対処療法と原因除去治療もちろん私も、薬やインスリンを100%完全に否定しているわけではありません。

薬やインスリンで助かっている糖尿病患者さんもたくさんいると思います。

しかし、いくら薬を飲んでもインスリンを接種しても、糖尿病が根本的に改善されることはありません。

薬やインスリンは上がってしまった血糖値を一時的に下げるだけのもので、糖尿病の根本的な解決にはならないのです。

そして、そもそも、なぜ薬やインスリンが必要になるかというと、それ以前の糖尿病治療が間違っているからなのです。

何度も言いますが、血糖値が上がる要因は「糖質の摂取」にあります。

その最大のポイントに焦点が当たっていない現代の糖尿病治療が間違っているから血糖値が下がらず、ヘモグロビン A1cの数値が改善されず、結果的に薬やインスリンが必要となるのです。

正しい糖尿病治療を行えば、血糖値をコントロールすることは可能です。

そうなれば、薬もインスリンも必要なくなります。

ところが、どうでしょうか?15いつまでたっても間違った治療が続けられているのが現在の日本の糖尿病治療の実情です。

私は、これを見ている限り、残念ながら、病院も製薬会社も正しい糖尿病治療をしたくないのだと思わざるを得ません。

なぜなら、正しい糖尿病治療が始まり、薬も インスリンも必要なくなってしまうと、病院も製薬会社も儲からなくなってしまうからです。

もちろん、それに癒着している政治家も困ることになるでしょう。

今、糖尿病で本当に悩んでいたり、苦しんでいたりするあなたには、非常に申し訳ないのですが、これが現代の糖尿病療の実情だということをご理解頂ければと思います。

例え、薬やインスリンに頼らなくても、血糖値を下げることができる食事法があったとしても、それはなかなか受け入れられないのが実情です。

第4章:現代の糖尿病治療 間違いその3

(1) その他の療法「なかなか血糖値が下がらない…」、「ヘモグロビンA1cの数値が改善しない…」、と悩んでいる糖尿病患者さんは、本当にたくさんいらっしゃいます。

病院の糖尿病治療が間違っているわけですから、その悩みはなかなか解決しません。

ですので、多くの糖尿病患者さんは、病院の治療以外にさまざまなことを試しています。

例えば…・カロリー制限をした糖尿病食の購入・ローカロリーの玄米食の購入・血糖値が下がるサプリメントの購入・糖尿病が治る漢方薬の購入17・血糖値を改善するお茶を購入その他にも…・東洋医学の先生の治療を受けたり・民間療法を試してみたり・断食をしてみたり本当にいろいろなことを試されています。

私は、すべてを否定するわけではありませんし、中には、一時的に血糖値が下がったり、糖尿病が改善したりする方法もあるかもしれません。

しかし、いずれも根本的な解決にはなっていないはずです。

なぜなら、何度も言いますが、血糖値が上がる最大の原因は、「糖質の摂取」にあるという点に関して、いずれも一切言及されていないからです。

血糖値が上がる原因を語らずして、根本的な糖尿病治療には18なり得ません。

あなたはすでに、血糖値が上がる本当の原因について知っています。

少し、冷静に考えて頂ければ、そのポイントが抜け落ちている治療法が、いかに効果がなくいい加減で危険なものかお分かり頂けると思います。

第5章:真の糖尿病治療とは・・・?

(1)最悪のシナリオ “合併症”繰り返しますが、血糖値が上がる最大の原因は、「糖質の摂取」にあります。

体外から糖質を摂取しているから、それが体内でブドウ糖に変わり、血糖値が上昇するのです。

糖尿病ではない方の体では、血糖値をコントロールするインスリンのメカニズムが機能して、血糖値を正常範囲内でコントロールすることができます。

しかし、その機能が破綻し、糖尿病と診断されてしまった方の体では、糖質の摂取がそのままダイレクトに血糖値の上昇につながってしまいます。

血糖値が上がって高血糖状態が続けば、体中の血管や神経がダメージを受けて、合併症をおこしてしまう可能性があります。

合併症をおこしてしまうと、最悪の場合には、失明、人工透析、手足の切断という恐ろしい結末を迎えてしまう可能性もあります。

(2)真実の糖尿病治療とは?残念ながら、現代の医学では糖尿病を根本的に治すことはできません。

しかし、血糖値をコントロールして合併症を未然に防ぐ方法はあります。

その方法とは、このレポートでお伝えしてきた血糖値の上昇に直結している糖質を摂取しない食事をすることです。

糖質を摂取しなければ、血糖値が正常範囲を超えて上昇することがなくなり、最も恐ろしい合併症を未然に防ぐことが可能になります。

ぜひ、正しい糖尿病治療を始めて、合併症の?安のない健康な毎日を送ってください。

“正しい糖尿病治療”=“糖質を摂取しない食事をすること”です。



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ