あらゆる病気の原因に!甘いものが体に悪い理由

スポンサーリンク




先日「チョコレート食べ過ぎるとアトピー出るんで…」という会話を職場でしたら、「え?そうなの~?うちの妹もすごくアトピーだから教えて」って言われました。

僕にとっては甘いものが体に悪いということは当たり前のことなのですが、全然知らない人が余りに多んいです。というか、知らないだけならいいのですが、甘いものは体に悪くないと頑なに否定する人がいるので、理由をちゃんと説明したいと思います。

甘いものが体に悪い理由、それは「白砂糖」

白砂糖は体に悪いと言っても、なかなか納得してくれない人が多いんですよね。それでは何故「砂糖は白い麻薬」と言われるのでしょうか?それは、実際に砂糖が体に悪く、依存性があるからです。甘いものは体に悪くないと断固言い張る人は、ただ単にその知識がないと言えますし、それを知ろうともしない人が多いような気がします。

砂糖は何故体に悪いのか?それは、砂糖を消化するためにはビタミンやミネラルが必要なのですが、砂糖への加工の段階でそれらすべてが取り除かれているからです。その結果、砂糖を消化するために体内のビタミンやミネラルを使うというわけです。

自然界に存在する甘みの成分は、必ずミネラルやビタミンと一緒に存在します。例えばサトウキビです。黒砂糖はサトウキビの汁を煮詰めて作ったものなので、ビタミンやミネラルが含まれますが、そのビタミンやミネラルを加工=精製することで、甘み成分だけを取り出したものが白砂糖です。消化に必要なビタミン・ミネラルを精製で取り除いてしまったため、消化する際に体内のビタミン・ミネラルを使ってしまうことになります。自然界の植物は、動物が食べてもバランスよく消化できるように存在しているのですが、加工により栄養バランスが崩れてしまっているのが問題なのです。

甘いものはこの「白砂糖」をふんだんに使っているので、体に悪いということになります。

甘いものが体に良いと言う人の言い分

東野圭吾の新参者に「甘いものは脳の働きを良くするんです」というセリフが何度か出てきますが、確かに間違っていないと思います。疲れた時は甘いものを体が欲しますし、脳にすぐに糖分が補給されます。

実際に、教育者の立場でありながら「甘いモノはどんどん食べたほうがいいんだよ」っていう人もいました。ですが、どうかやめていただきたいですね。うちの子を病気にさせる気か!と言いたくなります。


スポンサーリンク



白砂糖は、白い麻薬と言われるだけあって依存性があります。白砂糖をほとんど摂らない人は、そんなに甘いモノを欲しくなりません。当然のことながら、体が欲するからといって必ずしもそれが体にいいものとは言えません。

また、例えば「タバコは眠気が覚める」という効果があっても、害がたくさんあります。同様に、砂糖に「脳にエネルギーを送る」という効果があっても、害が沢山あることを多くの人が知りません。バランスの良い食事で脳に十分にエネルギーは補給されます。

甘いモノの存在=白砂糖の存在が世の中ですでに確立されているから、「砂糖は毒だ!」といくら叫んでも無駄ですが、僕は絶対自分の子供には与えたくないです。僕自身、砂糖でひどいアトピーを経験しましたし、知れば知るほど怖い食べ物だからです。

砂糖が含まれる食べ物を知ろう

甘いものは体に悪くないという人は、料理が得意でない人が多い気がします。

例えば、ジュースの甘みを出すのにどれくらいの砂糖が必要か、そういうのをあまり理解していないんですよね。ラーメンのスープの塩分の様に、液体にしっかりした味をつけるためには大量の砂糖が必要だというわけです。

ジュースだけでなく、気づかない物にも砂糖がたっぷり含まれています。例えばケチャップや、さんまの蒲焼、焼き肉のタレ、煮物、菓子パン、エビチリ・酢豚などです。

もしお子さんがアトピーで辛い思いをしていたら?ジュースやスイーツを避けるのは当然のこと、これらの砂糖も極力避ける方が望ましいです。そのためには料理に砂糖を使わない味付け方法を知る必要もあります。

料理の味付けは、「塩+旨み+スパイス」で決まりますが、味付け下手の人は「旨み」の部分を砂糖でやってしまいます。砂糖の代わりにダシや鶏ガラスープを使ってみてください。後は、お酢は甘みを感じさせるので、結構どんな料理にも使えます。

砂糖の害

僕がアトピーだったので、それを中心に書きましたが、ビタミン・ミネラルが不足することによる病気はもちろんアトピーだけではありません。ただ、現代で顕著に現れている文字通り”現代病”はアトピーではないでしょうか?日本での砂糖の平均使用量とアトピー患者のグラフは大いに関係性があるはずです。

甘いものが何故体に悪いのか、是非その理由を理解をしていただきたいと思います。



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ