簡単!一人でもできるストレス解消法

スポンサーリンク




ストレスは誰もが抱えるものです。

自分の成長に繋がる善玉もあればそうでないものもあります。

ここで挙げるのは当然後者です。

例えば
1.人の多い場所
2.礼儀を知らない人と対峙する
3.マナーの悪い人を見たとき(ひどい時は立ちショ○とか・・・)
4.(余計な)プレッシャーを抱えている
5.スケジュールを詰め込み過ぎている
6.疲れがたまって集中力が続かない・やる気がしない等
など他にも沢山あります。

あなたの場合は何が原因ですか?ちょっと考えてみてください。

ストレスの原因は本来自分の意に反する状態が引き起こしています。

なのでストレスの原因とまず向き合うことが肝心です。

原因がわかったら、自分で解決できるものとできないもの、生活の中から排除できるものとできないものに分けてみて下さい。

リストアップしたら可能な限りシンプル化してみて下さい。

極論本当に必要かどうかです。

捨てるものの対象は物だけに留まりませんよ。

余計な考え・感情もです(^_^;)。

どんどん削ぎ落として行きましょう。

まず目に見えて効果を実感できるものから始めましょう。

題して「不用品処分プロジェクト」

何でこんなことをするのかと思っているかもしれませんが、大方「ストレスを抱えた状態・悪循環に陥っている場合=あなたの家・部屋の状況」とリンクしているからです。

どうですか?散らかっていたり、余計なもので溢れていませんか?床に物が散乱していたり、玄関が靴で埋め尽くされていたり、洗濯物・洗い物が放置されていたり、トイレ・バスが汚れていたり、タンス・本棚の上には埃が溜まっていたり・・・どうですか(笑)?図星?この状態なら逆にしめたものです。

だってそれらを解消すれば部屋もきれいになり気分も間違いなく上がりますから・・・経験済です!

そもそも、物は使う為にあります(展示品等の一部を除いて)。

物を大切にしてず~っと保管している人がいますが、思い入れのある品以外はどんどん処分してしまいましょう(売るか・捨てるか・人にあげて下さい)。

物も使ってくれる人の所に行きたいはずです。

物は大別すると3種類です。

① 使っているもの・使用することがわかっているもの② 使用するかもしれないもの③ 使用せず保管してあるもの厳しいことを言えば②③は捨ててください。

②も手を付けられれば状況は一変します。

なぜなら②が一番手を付けづらいからです。

一番迷いがない方法は必要なものにシールや印を付けておいて後は他の人に掃除を依頼することです・・・他人のものですから分け隔てなくどんどん捨ててくれるはずです・・・容赦なく(笑)。

これまでの作業で物がかなり減っているはずです。

実際にやったなら・・・。

ここまで来ればあとはゴミ・埃を中心に掃除するだけです。

ついでに配置替えをし、色をある程度統一するとよりいいかもしれません。


スポンサーリンク



あなたがくつろげる空間を楽しみながら作って下さいね!次に物以外について述べて行きます。

ストレスの大半は自分で解決できます。

逆に自分でどうにもできないことについて考えても仕方ありません。

どうしても変えたいなら仕事・住む場所等環境を思い切って変えないと難6しいでしょう。

ここからは個人差があるので合うものだけ取り入れてみて下さい。

2種類のストレス解消法

ストレス解消(気分転換)をする方法には 2 種類あると私は思っています。

外側と内側(外=行動編、内=マインド編)。

まず外側について挙げてみます。

1.散髪する(思い切って髪型を変えてみるとより効果的)

2.運動する(ジムへ行ったり景色のいい場所へ行って歩く)

3.映画を見る→レンタルは本数を見るのに最適(TSUTAYA や宅配レンタルを活用)
→更に出前を取っておいしいものを食べながら見る。
→映画館を活用(毎月 1 日や映画DAY、レイトショーを活用)
→ポイントカードを作るとお得(109 シネマズ、TOHO シネマズ)

4.地域の活動に参加する(役所や地域の掲示板を見てみる)

5.本を読む(バス読書がお薦め)
→風呂に浸かりながら本を読むといいですよ!
→お薦め関連書籍はこれ!バスクッションも活用してみては?

6.うまいものを食しに行く

7.カラオケに行く

8.眺め・景色のいい場所に行く(自分の悩みがちっぽけに見えるかも)
⇒タワーやビルの展望台、ホテル、公園等で検索してみて下さい。

9.温泉・スパに行く

10.マッサージ・整体に行く(最近は保険が利く所もあります)

11.お笑い・舞台・コンサートを見に行く
⇒好きな芸能人や役者・アーティストのHPを見てみましょう!

続いて内側編これは気持ち・解釈の問題です。

同じ物事でもよく見る人と悪く見る人がいます。

7ただ、どちらが自分にプラスになりますか?ってことです。

好ましくない状況にあるときは誰もが凹みます。

問題はその後です。

すぐ立ち上がるかその場でず~っと寝ているかの違いです。

このマインド面はスポーツ選手がいい手本になります。

イチロー選手・中田英寿選手、本田圭佑選手等一流選手は常に前向きに物事を考えて発言をし、行動しています。

YOUTUBE で検索すると元気が出る映像が多々拾えます。

自分だけのお気に入り集を作ってしまいましょう。

そうすればいつでもすぐ見られます。

イチロー選手がWBC中にスランプに陥った当時の苦境や本田選手の「仕事の流儀(NHK番組)」での話、中田選手の活躍シーンは見ごたえがあります。

悪い流れのときに「自分をリセット」できる方法を普段から知っておくことは非常に重要です。

例えば、~を食べるとか、~へ行くとか、~と会うとか、~を見るとか。

変な言い方ですが、うまく自分を飼い慣らして下さい(笑)!内容は以上です。

最後に私が好きなウォルト・ディズニー氏の言葉をご紹介します。

「現状維持では後退するばかりである」



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ