ウイスキー・ダイエットが非常に良さそうなので紹介します

スポンサーリンク




ウイスキーが体に優しいお酒で、ダイエットにも最適だということで、最近注目を浴びてきているそうです。

何で体に良いかというと、ポイントは3つ。

・糖質ゼロ
・低カロリー
・尿酸値があがりにくい

3つめの、尿酸値があがりにくいっていう部分が非常に嬉しいです。

同じ蒸留酒である焼酎を僕は飲んでいますが、ウイスキーは更に尿酸値があがらないそうです。

ウイスキーは最も尿酸値があがらない!

尿酸値と言えば痛風ですが、ウイスキーは焼酎よりも尿酸値があがらないって知ってました?

焼酎ももちろんビールに比べて尿酸値が全然上がりにくいのですが、焼酎と比べて何が違うかというと、

「ウイスキーを飲んだ後は尿酸の排出量が多い」

ってことなんですね!なので、痛風の心配が一番すくないです。

尿酸が減る理由ですが、尿酸は酵素がプリン体から作るわけですが、ウイスキーの中にはその酵素の働きを抑える成分が含まれているらしいのです。

尿酸値を気にする酒飲みはどうせ禁酒なんてできない(自分)・・・だったらせめてウイスキーにしてはどうでしょう?

味は好き嫌いがあると思いますが、酒飲みなら飲んでれば慣れますし。

ウイスキー・ダイエット

さて、ここでウイスキーダイエットです。

もっとも良さそうなのが、「ハイボール」です。ウイスキーを炭酸水で割ったやつですね。

食事中にもピッタリの飲み方で、ビールの様な炭酸を味わえます。で、糖質ゼロです。

グラスに氷を入れてウイスキーを注ぎ、炭酸を入れて混ぜすぎないようにします。ウィルキンソンなどのガス圧が強い炭酸水を使うと、かなりスカッ!としていい感じです。

食事中のお酒にピッタリ。ビールの様にカロリーやプリン体を気にせず飲めるのがいいですね。味さえ慣れてしまえばって感じですが、飲み続けていればこういうのって慣れていくので、始めてみてはいかがでしょうか??

また、更に痩せたい人は、ハイボールを好きなだけ飲む代わりに炭水化物を控えるって方法が結構有効らしいですのでお試しあれ。


スポンサーリンク



痛風が発症する仕組み

さてここで、痛風がおこる仕組みについてちょっとだけ触れておきます。

1.アルコールを飲む
2.肝臓で代謝される
3.ATPという物質が消費される
4.老廃物として尿酸が生まれる
5.尿で排出しきれない尿酸が関節で結晶になる
6.超痛む

こんな流れです。

要はATPが消費されると尿酸ができます。ATPは
・過度のストレス
・急激な運動
・アルコールの過剰摂取
・果糖の過剰摂取
で大量に消費されます。

で、アルコールと糖を一緒にとると、特に尿酸値が上がりやすくなります。

だから、アルコールを飲むときは糖を一緒に取らない方がよくて、糖質ゼロってのが売りだされているというわけです。

ウイスキーならもともと糖質ゼロですし、尿酸値を作る酵素の働きを抑えるので、健康診断にひっかかりつつお酒をやめられない人(自分)にはピッタリですね!

いろいろなウイスキーの飲み方

常にハイボールばかりでは炭酸水の値段がかさみそうなので、他の飲み方を紹介します。

水割り

氷の上にウイスキーを注ぎ、しっかり混ぜた後水を入れて軽く混ぜると美味しいらしい。

食中酒として、淡白な和食、魚の塩やきや天ぷらなどと相性がよい。

お湯割り

ウイスキーを注ぎ、3倍の量のお湯を注ぐ。

ウイスキーの香りで体が温まる。内臓が冷えないので、善玉菌へのダメージが少なくてすみそう。

食中酒として、暖かい鍋物や湯豆腐に合う。レモンや柑橘系の皮を入れてもよい。

ロック

雑味の少ない市販の氷で飲むと尚おいしい。

氷が溶けてウイスキーと混ざることによる「時間的変化」を、香りや味において楽しむのがよい。

チーズやサラミなど、味が濃いものに合う。

ミスト

クラッシュしたアイスをグラスたっぷりいれ、ウイスキーを注ぐ。

しっかりと冷えるため、初心者にもおすすめ。

パスタやピザに合う。

ストレート

食後におすすめ。

口の中に広がる香りを楽しむ飲み方。

チェイサーを飲みながらがよい。ちなみに米倉涼子はチェイサーは白湯とのこと(健康によい)。



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ