青梅ライナーの指定席切符を買わずに乗車するとタダ乗りできる?

スポンサーリンク




先日青梅ライナーに切符なしで乗ってしまいました。

青梅ライナーは全席指定席なので、切符を購入するか、携帯かスマホから予約をしなければなりません。僕は予約をしていますが、その日はうっかり忘れてしまったわけです。

いつもライナーを使っていると、普通の電車で帰るなど考えられなくなってきます。その結果、「立ち乗りでもいいからライナーに乗りたい」ってなるんですよね。というわけで、マナー違反とは認識しながら予約無しで乗ってしまいました…。

夜の下り方面では車掌が徴収しにくる!

マナー違反といいましたが、もしこれがタダ乗りなら犯罪になっちゃいますね。では何故マナー違反かというと、お金を払うことを前提に乗ってるからです。

いつもライナーを利用している方はわかると思いますが、立ち乗りをしている人って結構いるんですよね。新宿から乗ったら、すでに車両間のスペースには人が結構いて、テーブルなんかがあるいい場所はすでに東京からの乗客に確保されてしまっています。

で、新宿を出発すると容赦なく車掌が徴収に来るんです。そして、立ってる人はタダ乗りしようと考えている人はいなくて、みんな(ほとんど)お金を払うことを前提に乗っています。というわけで、僕もちゃんと510円を払いました。

で、そのとき貰った券がこれです。

ライナー

注目すべきところは

「お客様がみえたら席をお移り下さい」

という記述ですね。これは、立川以降で人が降りた後、席が空いたら座ってもいいですよ~ということですかね?でも立川から人は乗ってこないし、お移りするってなんだろう…ってちょっと疑問です。

とりあえず立川でダダーっと人が降りるので、2席とも空いているところに座ります。ここでは1席しか空いてない場所にはさすがに座れません。もし逆の立場だったら「せっかく隣の人降りてゆったりしてるのに座んじゃねーよ!」って思いますからね。なので、立川をすぎたらササッと席を確保しなければなりません。

青梅ライナーにタダ乗りするパターンいろいろ

さて、上に紹介した通り、下りの電車では車掌がちゃんと徴収に来ますが、それ以外だと結構タダ乗りする隙があったりします。それをちょっとあげてみますが、犯罪ですのでやめましょう。


スポンサーリンク



1.車掌が見えたらトイレに隠れる
これは車掌が徴収しに来た時にウンコをする、ということです。

2.東京から新宿まで乗る
新宿で降りることはできませんが、人が乗ってきた後にササッと降りてしまえば乗れます。あまりやる価値はないですね。

3.青梅ライナー5号に乗る
確か21:30東京発の青梅ライナー5号は、車掌が徴収に来なかったと思います…。タダで乗れちゃいますね。

4.立川から乗る
立川から乗車することはできませんが、たまに乗ってくるけしからん人がいるらしいです。最低な行為ですね。

5.朝の上りで駅員を騙して乗る
朝は、携帯から予約した人はその画面やメールを駅員に見せるのですが、こんなメールは簡単に偽装できるので、乗るのは楽勝です。ただ、本来なら立ち乗り者はゼロのはずですので、座ってる人たちに「なんだろうあの人」って思われること間違いなしです。

タダ乗りはルール違反!

青梅ライナー、中央ライナーは別途改札が設けられているわけではないので、簡単にタダ乗りできてしまいますが、ルール違反なのでやめましょう(やっちゃった自分が言うのもなんですが…)。

特に、朝の青梅ライナーは、立って乗ってる人が何人かいるんですよね。あの人達は金を払っていないはず…。「不審乗車を見かけたら通報してください」などの張り紙だけでも貼っとけばタダ乗りする人が減るかもしれませんね。

ちなみに、金を払うことを前提に立ち乗りすることが許されているのが現状ですが、沢山の人がそれをやってしまうと、車両の間が人で溢れ、非常に迷惑なことになってきます。

「切符がないとご乗車になれません」ってしっかりアナウンスしてるわけですから、切符や予約がないのに乗ることは黙って物を盗むことと同じですね。最初に「マナー違反」と書きましたが、よく考えるともっと悪質ですね。

徴収に来た時に「立ち乗りはご遠慮ください」と一言言ったらいいと思いましたが、立ち乗りしてくれたほうがJRも儲かるから何も言わないのでしょうか。暗黙の了解ってことですかね。

ちなみに青梅ライナーの時刻表はこちらをどうぞ。
青梅ライナーの時刻表と乗り方・予約方法



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ