ビールと焼酎どちらが得?値段や健康面から考える

スポンサーリンク




Q.ビールか焼酎どちらが安い?
A.というか好きな方飲もうよ

Q.ビールと焼酎どちらが健康?
A.この質問してる時点で不健康

とか、まぁ某掲示板的な答えを用意するならこんな感じになるが、酒をガブガブ飲む筆者があえて両者を比べた場合、どちらが得なのか、計算してここでハッキリさせておこうと思う。

ビールを焼酎にしたらどれだけ出費が減るのか?

ビールでも焼酎でもいいという酒飲みは、アルコール度数換算で損得を決める。

発泡酒が500缶で5%で200円だとしたら、焼酎の500mlの25%が1000円で割に合うという計算だ。

安い焼酎は4Lで2000円くらいだから、単純にアルコールに浸りたいだけなら、4Lの安い焼酎を買うのがおそらく一番安上がりだろう。
ちなみにアルコール15%の日本酒2Lくらいだと、やはり安くて1000円くらいだから、焼酎に軍配があがる。

というわけで、ただ単にアルコールを楽しむだけなら、安い焼酎を買うのが一番だと思われる。2000円分ビールと焼酎を買ったとして、アルコールの量だけを比べると、

2000円✕4000ml✕5:2000円✕5000ml=4:1

まぁ上の計算はどうでもいいが、結論として、

焼酎は発泡酒の4倍お得

という計算結果が得られた。

こう考えると酒をやめられない酒飲みは4Lの安い焼酎を水で割って飲んでいろ、ということになる。これが一番最安の方法だろう。

ちなみにビールなどという贅沢品は発泡酒の1.5倍の値段がするので、

ビールは焼酎の6倍の価格である

と言える。酒飲みがビールを飲み続けると破産してしまうだろう。

一ヶ月分のビールの値段を計算してみた

筆者が昨日飲んだ350缶発泡酒の量は、20缶ほどである。

ウソつけ!と言われそうだが、朝から幸せな家庭の中で寝る前まで飲んでいるとそれでも少ないくらいだ。

まぁそんな筆者が飲む酒の量を一日平均で考えると、ビール1.5リットルと言ったところか。ビール500缶1本300円とすると、

300✕3✕30=27000 というわけで、ビールを一日3本飲むと

月に27000円の出費

ということになる。これを、すべて焼酎の水割りにしたならば、27000÷6で

月に4500円の出費

ということになる。

この22500円を毎月犠牲にすれば、安い焼酎など飲まず、美味しいビールを遠慮なく飲めるということになる。どちらを選ぶかはその人の価値観に帰依するだろう。

22500円というのは、普通のサラリーマンが1~2日働けば手に入る金額だ。1ヶ月30日、毎日がんばって働いて焼酎でがまんするのか、酒くらいうまいものを飲み精神的に満足レベルの高い生活を送るのかは、人それぞれだ。

27000円、月に酒代金として許されるならば・・・

ここで筆者行きつけの「魚民」と「シダックス」を紹介してみる。

まぁ最低ランクのモンテローザ居酒屋チェーン店だ。シダックスなら説明は不要だろう。

何故この2つを紹介したのか。それは「ビールが安くて飲み放題」だからである。

魚民で使えるモンテローザカードの5%割引を使い、クーポンを使うと2時間飲み放題で2000円を切るのだ。だから、ガブガブッとビールを飲むと、缶ビールを購入するよりよほど安いのだ。筆者の場合だいたい8杯くらい飲むから、生ビールを1杯250円くらいで飲んでることになる。

更に、その2000円というのは、料理2品込の値段である。カラアゲとたこわさび、お通しとビール8杯で2000円を切るのだ。ただし、時間は2時間に限られてしまうので、ダラダラと飲むことはできない。

もし27000円を一ヶ月の酒代として割り切るなら、この魚民に2~3日に1日通えるということになる。


スポンサーリンク



ではシダックスはどうか?これはもっと元が取れる。店舗にもよるが、18時から5時までの11時間、ビールが飲み補題で3500円くらいだ。ただ、深夜であるだけでなく、土日前は11時からなので、サラリーマンにはちょっと厳しい。しかし、ここで筆者は20杯以上はビールを飲むので、1杯175円以下と考えることができる。

…というわけで、ここまで書くと、読んでるアナタだけでなく私も虚しい気持ちになってくるわけだが、すべて金で計算すると、こんな感じになるのだ。結論としては、

飲みたい時に飲みたいもの飲めよ

となる(笑)

ビールと焼酎はどちらが健康なのか?

飲み過ぎは健康に良くないよ(´・ω・`)

まぁこれが結論であるが、同じアルコール量を飲まなければならない場合の健康面の影響を考えよう。

まず思い当たるのがカロリーだと思う。というわけで、焼酎を5%に薄めた水割り換算にして比べよう。すると、100mlあたり、

ビール 42kcal
水割り 28kcal

となる。もしビールを5000ml飲んだとしたら、それだけで2100kcak つまり、成人の一日の摂取カロリーに相当する。

さてここで多くの人が思うことがあるのではないか?それは、

水割りって 0kcalじゃないの(´・ω・`?)

ということである。筆者も、焼酎にはカロリーがないと思っていたが、焼酎にもこんなにカロリーが含まれているのだ。

ただし、そのカロリーは最も早く体外に放出される不思議なカロリーなのだ(ここでは学術的な解説は省く。めんどくさいから…)

顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたりするのがそれである。体内にアルコールが入ると、体は真っ先にそれを消化、放出しようとするのだ。そして、その活動は肝臓で行われる。

だから、酒のカロリーは別に気にすることはない。…と思うかもしれない。ところがこれが落とし穴なのだ。何故かというと、

アルコールを消化している間、肝臓は他の脂肪等を消化しない

からである。アルコールが体内にあると、他の脂肪分や油を後回しにして、アルコールを消化するのだ。だから、アルコールと脂っこい食べ物を一緒に摂ることは非常によろしくない。

さて話がちょっとずれたがここで考えてみよう。ビール42kcal-水割り28kcal=14kcal ということに注目である。

この14kcalって何者だよ(゜o゜;

ということになる。5リットルビールを飲んだら、700kcalだ。これは牛丼1杯分である。どうやら心臓がドキドキしたりして放出されるカロリーではなさそうだ。多分プリン体とかその他の糖分とか、いろいろ含まれているに違いない。

そう考えると、カロリー的には焼酎のほうが健全だと考えざるを得ない。そして最も最悪な組み合わせが

ビールと豚カツ

ということも想像できるであろう(笑)しかし、仕事で疲れた体にとって、ビールに豚カツは天国のようなものである。その喜びを生きる糧にできるのであれば、健康を犠牲にするかどうかは人それぞれの価値観である。

おまけ:氷結&ストロングゼロスタイル

ちょっとオマケだが、氷結(9%バージョン)やストロングゼロという飲み物が個人的にヒットしている。

ドンキで350缶100円くらいで買えるのだ。アルコール度数8~9%となっている。発泡酒に比べ、価格は約3分の2、アルコールは約2倍、というわけで、アルコール換算すると3倍弱、発泡酒よりお得なのである。

なので、水割りが面倒な人には非常にオススメである。

発泡酒の3倍お得というだけで、飲む価値は十分にあるだろう。

しかも、例のコカコーラゼロと同じく砂糖ではない甘味料を使っているので、カロリーが100mlで49kcal、つまりアルコール5%換算で27%と、焼酎の水割りより低いのだ。炭酸もシュワシュワで味も美味しい。

ただ、一つだけ欠点がある。それは、飲みやすすぎて気づいたら記憶がなくなっていることだ(・ε・;)



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ