何故?人間関係を良くする為に守りたいたった3つのこと

スポンサーリンク




はじめに…

この記事は、人間関係に悩みを持っている人にお伝えしています。ほとんどの人の悩みは、実は人間関係が関連しています。人間関係がうまくいけば、多くの悩みは気にならなくなり、ある程度は我慢ができます。

ですが、人間関係がうまくいかないと、ものすごくストレスをかかえてしまって、仕事を辞めてしまったり、病気になったりする人さえもいます。

 

例えば、仕事でいうと、毎日顔を合わせる人と人間関係がうまくいっていると、仕事もしやすく、効率もあがり、もし何かミスをしても、人間関係が助けてくれます。すべてにいい影響を及ぼします。

人間関係がダメだと、その空間の空気が悪く、周りにも普及してしまい、すべてが悪循環です。

 

働いている仕事を辞めようと思う一番の理由も、人間関係です。給料が安くても、残業が多くても、人間関係がうまくいっていれば、ある程度我慢できるものです。

逆に、給料が高くて、残業が少なくても、人間関係がボロボロな状態の会社にいる人の方が、辞める人は多いです。

 

これはあなたの今の悩みを考えてもらえれば、わかっていただけると思います。

それくらい人間関係は重要です。

ですので、この記事でお伝えする人間関係を良くする劇薬を是非お試し下さい。

それでは早速、お伝えしていきます。

 

有効な3つの方法

1つ目は、、、先に与えるということです。

これは、なんでもそうなんですが、言われてからやるのではなく、先に与えるということです。

 

例えば、笑顔や挨拶です。これは先にやられると、誰だって気分がいいですよね?これを先にやられて、嫌な気分になる人なんていません。そして、これは人間関係だけでなく、すべてに言えることです。

黄金の法則です。

 

多くの人は欲しい、欲しい、と欲しがるばかりで、与えようとは考えません。

これは、現代社会が生んでいる問題でもあります。

親が子供を可愛がるあまり、小さい頃からなんでも与えて甘やかされた子供が、そのまま大人になり、その結果、先に与えるなんてことは考えもしません。

 

相手が自分に何をしてくれるのか?を優先して考えてしまうようになります。そして、さらに、相手から何か奪おうと考えてしまいます。

これはほんとに怖いことです。話は大きくなりますが、こういうことが、実は、尖閣諸島問題にも関連しているわけです。


スポンサーリンク



ですので、先に与えるということを常に意識してみてください。普段の生活でも何か与えられないかを常に、考えるように意識してみて下さい。これができれば、人間関係も確実に良い方法に向かいますので。

 

2つ目は、、、相手の立場に立つということです。

相手の立場に立つということは、相手の話をしっかり聞くということです。

相手が、どんなことを考えているのか?どんな悩みを持っているのか?どんなことに興味があるのか?をしっかりと理解する必要があります。

 

相手にとってはものすごく大切なことでも、あなたにとってはどうでもいいことも多くあります。ここで重要なのは、相手のことを大切に思うには、相手が大切にしているものを、あなたも相手と同じくらい大切に思うようにする必要があるということです。

 

よくあるのが、自分は他人のことをわかっていると思い込んでしまい、自分のフィルターを通して、相手のことを解釈してしまうことです。これでは、相手のことを理解できていません。

よく言われる、自分がされたいことを相手にもする!というのは、その通りでもあるのですが、間違っていることもあるので、注意したいところです。

 

3つ目は、、、その場にいない人の悪口は絶対言わない ということです。

その場にいない人の話をする時は、その人が隣にいると思って話をするようにしてください。

 

人が集まるとどうしても、悪口や陰口を言って盛り上がりますよね?

悪口や陰口を言う人や、それに一緒になって言う人は、なんか仲間意識のようなものができて、いい気分になったりして、その人たちと信頼関係を築けたように思いがちですが、実はそれは間違いです!!

 

その場では盛り上がって楽しいですが、その場にいた人達は自分がいない時には、同じような悪口、陰口を言われると思うようになります。

そうではなく、その場にいない人を弁護してあげることこそが、その場にいる人との信頼を保つことにつながるのです。これは絶対に覚えておいて下さいね。

 

まとめますと、

■先に与える
■相手の立場に立つ
■その場にいない人の悪口は絶対言わない

この3つができれば、あなたの人間関係は今までとは違って、確実に向上していきますので、是非参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ